Unityのカメラのスクリプトが上手く行ってほっとした

昨日の昼はUnityでカメラの設定をしていました。
操作するプレイヤーの人型オブジェクトを中心にカメラが上下左右に回るのですが、正面から後方に、そのまた逆に上下回転でカメラが行かないようにしないとカメラがさかさまになってしまうのでその設定をしないといけません。
あと私が好きなパソコンゲームのスカイリムもそのようになっていました。
以前もそのカメラの設定をしたのですが、上下回転だけでなく左右回転だけでもカメラから映る映像が回転してしまうのでZ軸の値を0になるようにしたら今度は上下・左右回転がおかしくなりこれはいかんと設定し直すことにします。
他に何か良い方法はないかと検索して出て来た記事のスクリプトを試してみたら最初上手く行かずこれもダメかと思いました。
しかしじっくりスクリプトを読んでいくと構造が分かり、断片的に書かれたスクリプトを上手く再現でき、そして私が望んでいた形の操作ができるようになって嬉しかったです。
スクリプトの中に記述の仕方が理解できず検索しても分からない部分があり、説明文を頼りに知っている知識で再現したらそれも上手く行ってほっとしました。http://www.pocketgamemaker.com/entry1.html

底地というのは貸すことができているわけですが

底地とは一体いくらで貸すことができるのか、という事が重要になります。まず、そもそも底地というのは、どんなものであるのか、ということになるでしょう。これは借地権が付いている土地のことであり要するにその人に勝つということが前提になっていることになります。ですから、これは運用ができているのですがどうしてもその人に貸していかなければならないということになりますのでフルに使うことができるわけではないというのが底地の面白いところであると言えるでしょう。かなり利益になることもありますし、固定資産税をクリアしているだけ、ということもあるでしょう。それでも何もしないよりはマシです。既に貸している土地である、ということによって、かなりメリットはあります。そのままの方が良いということもよくあったりするのですが別のことに使った方が利益になるということもありますので注意しておいた方が良いでしょう。よく考えて運用をすることです。http://www.apfgifted.org/